2007.1.1/更新
「- じゃあ、ホウレン草を注文すりゃ良かったのに。
 - ホウレン草?
 - ああ。フレデリック・ボワレの傑作『ゆき子のホウレン草』っていう漫画に出てくるんだ。音の響きがね、フランス人にとっては、日本語の "ホウレン草" と "おヘソ" が良く似て聞こえるんだよ。これ、是非とも読むべきだね。すごくヌーベルバーグって感じだし、すごくシンプル、すごくキレイなんだ。ラストのほうなんか、女の子のマティエール、肌、着物に実際に触ってるような感覚になる。『ゆき子のホウレン草』はね、漫画でありながら同時に絵画であり、短編映画でもあるのさ…」

ジェローム・アタル(フランス人歌手、作家)の日記より抜粋

「バンド・デシネ史上最も衝撃的作品のひとつ。だが、その手法はごくシンプルだ。(中略)橋本ゆき子嬢との間に起きた粋な恋愛模様が、リアルタイムに、作者が我々に語りかけてくるかのように進行する。」

仏書籍情報誌/月刊「Lire」より抜粋

「ボワレの手によるゆき子は、世界で最も美しい女性。まるでジャン=リュック・ゴダールの眼差しの向こうのアンナ・カリーナ、オリヴィエ・アサイヤスがスキャンしたマギー・チャンのように。(中略)フレデリック・ボワレはアンティミスト(親密派)である。主観的カメラアングルで、恋のもつ優しさ、愛情表現、絆、関係を描き、触れ合おうとしても掴み所のない瞬間をとらえている。」

仏日刊紙「Liberation」より抜粋

九カ国語単行本カヴァー
ネーム、下書き
「フランス語会話」既掲載原稿
単行本 描き下ろし原稿
デスクトップピクチャー
世界中の書店に! 各国単行本売り場ギャラリー
ヌーベルまんがデジタル
作:フレデリック・ボワレ & フレッド・ブット
La Nouvelle Bande Dessinee : L'Epinard de Yukiko
「国際漫画ソサイエティ講演会」発表の論文全容(英語)
BD Selection2006.9 版
読者レビュー(仏語):
Amazon.fr」2005.1 版
読者レビュー(仏語):
Amazon.co.uk」2004.2 版
読者レビュー(英語):
Fnac.com」2003.8 版
読者レビュー(仏語):  10/10 !
Amazon.co.jp」2003.5 版
ライター横山雅啓・文&読者レビュー:

 
2001年
太田出版&Ego Comme X社より
日本、フランス同時刊行
 
2003年
Ponent Mon社より
スペイン、ドイツ発売
Fanfare / Ponent Mon社より
イギリス、アメリカ発売
 
2004年
Coconino Press社より
イタリア発売
 
2005年
大辣出版より
台湾、マカオ、香港発売
Conrad Editora社より
ブラジル発売
 
2007年
Fanfare / Ponent Mon社より
イギリス、アメリカ発売予定
(リニューアル版)
Kultura Gniewu社より
ポーランド発売予定